温度に注意して準備する

上着を着て行くのがおすすめ

カーディガンやパーカーなどを着て行くのが、おすすめのコーディネートです。
もし目的地に着いて暑いと感じたら、脱いでください。
コンパクトになる上着ならカバンの中に入れることができるので、手荷物になりません。
また、移動中の車内で寒いと感じることがあります。
ひざ掛けがあれば、体温調節ができます。

運転手に寒いと言えば、暖房を上げてくれる可能性があります。
ですが車内にいるのは、自分だけではありません。
他の人は今の室温でちょうど良いと思っているかもしれないので、自分で体温調節をしてください。
体温調節ができるものを準備しておくと、快適な旅行になります。
また天気予報を見て、傘などの雨具が必要なのかも考えましょう。

なるべくスニーカーで行く

旅行中は、たくさん動き回ると思います。
ですから足を痛めないように、スニーカーで行きましょう。
服装によっては、スニーカーは合わないと感じることがあるでしょう。
どうしてもヒールのある靴を履きたいと思っている場合は、スニーカーを持って行ってください。
すると足が痛くなった時に、すぐ履き替えることができます。

オシャレを意識するのは良いですが、足が痛くなっても無理にヒールのある靴を履き続けることはやめてください。
もっといろんな観光地に行く予定なのに、足が痛くなったら移動が困難になります。
観光地に辿り着いても、ずっとベンチに座っているだけではおもしろくありません。
足が痛くならない、履き慣れた靴で行くことも重要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る